進化するハイヤー!安心と安全を守るために

ハイヤーはユーザーを安全に送迎し、快適で安心の空間を演出します。ハイヤーの安全技術はここ数年で格段に進歩していて、各社ともに最新の技術を導入したうえで事故がなく、なおかつ利用者がリピーターになりたいと思えるようなサービスを運転手含め各企業が一丸となって日々心掛けています。標準的な車内設備としては、ドライブレコーダーがよく知られています。一般の自家用車にも普及しているドライブレコーダーは、トラブル発生時の記録に役立つとともに車内環境の向上に意味があります。レコーダーが設置されていることによって、ほどよい緊張感とメリハリを保つことができます。

万一の事故被害を軽減する装備としては、現在搭載している車が増えてきている衝突被害軽減ブレーキシステムなどがあります。また運転中の急ブレーキや急発進、無駄な蛇行などを検知できるようなシステムも取り入れています。フィードバックを積み重ねることでヒヤリハットの防止に役立てます。
技術を進歩させただけでは、安全な運転は実現できません。各社ともにスタッフ教育を徹底していて、一定の水準以上のスキルをそなえた専門スタッフを常に養成しています。スタッフ教育の基本である運転研修はもちろんのこと、筆記による安全教育を定期的に実施し、メンタルヘルスも管理することでスタッフの質の確保とともに労働環境の整備に努めています。新人教育ももちろん重要ですが、ベテランスタッフへのフォローも大切で、肉体面、精神面の両方をバランスよくケアすることでサービスのクオリティをキープすることができます。

スタッフに求められるスキルは、時代とともに変化しています。ここ数年は特に日本国内でもグローバル化が進んでおり、ハイヤーでも多言語対応が必須となってきています。英語、中国語、フランス語など各国のコミュニケーションへの対応はもちろんのこと、ウェブサイトのほうもいろいろな言語に対応する必要があり、世界的に見て使いやすいウェブサイトであることが絶対条件になります。

また、宗教的背景への理解も重要です。ハイヤーの場合には、3日から5日という期間で長期利用されることが多く、レストランやカフェなどの案内を依頼されることも少なくありません。宗教的配慮のできる会社を選ぶことで、たとえばビジネス上の会議などでムスリム対応料理を提供する専門店をピックアップしてもらったり、という配慮を受けることができます。