ハイヤー予約システム事情

ハイヤーサービスは、ビジネスだけでなく、個人によるニーズもここ数年で高まりつつあります。ニーズの細分化を見越し、企業の方もネットワーク上の予約システムによってユーザー情報を一元管理することで、ユーザーにとっても利便性の高いシステムを構築、管理しています。

ユーザーの観点から考えると、ハイヤーが必要となるシチュエーションとして、長期旅行またはビジネス上の出張などが挙げられます。特に、予期せぬ出張などの場合、短時間でハイヤーを手配する必要がある場合は、それだけでもかなりの時間と労力がかかります。このような際にも、たとえばウェブサイトやアプリケーションからワンタッチでハイヤーを手配できるシステムが利用できれば、わざわざセンターに電話をかけることなく、時間をかけずに希望の車種を予約することができるので非常に効率的です。車の空き状況などの情報はリアルタイムで更新されますので、営業時間外であっても24時間いつでも希望のハイヤーが空いているかどうかを確認できます。

たとえば、出張や旅行で車を手配したいけれど、お店に電話をかけるのが苦手なのでなかなか予約できないという方でも、ウェブ予約を利用することによって手軽に、そして時間をかけずに希望の日時に車を確保することができます。予約システムであれば車の配車状況を視覚的に確認できるため、予約ミスや予期せぬダブルブッキングなどのトラブルを事前に解消することができ、結果として利便性の向上につながります。もちろん、希望する車が利用可能であれば、その場で予約システムから手配することも可能です。

また、予約システムから入力された顧客情報は体系化されたビッグデータとしてデータベースに蓄積されるため、事業者側にとっても長期にわたってユーザーニーズの傾向を分析できるというメリットがあります。

さらに先進的な事業所の予約システムでは、端末の位置情報を活かした予約システムが主流になりつつあります。各車両に据えつけられた情報端末とシステムをリンクさせることで、それぞれの車両を動的に管理することが可能になり、日々のデータ管理に役立ちます。蓄積された情報は、メインのPCサーバだけでなく、携帯端末からも簡単に確認できるため、全従業員が必要な情報を共有できます。さらに、位置情報を管理システムの中心とすることで、トータルの運用コストを大幅に削減し、業務の効率化を実現することが可能になります。